Stayin' Alive

はるるんが140文字じゃ書ききれない気持ち

内職2

私は相変わらずチビチビ内職をやっております。

さすがに一桁の作業からは足を洗いました。

少しずつ「相場」がわかってきたせいもあります。

 

私が見てもありえない低単価の案件でも、作業する人がいます。

それは以前の私と同じで、そういった人の事を「乞食ライター」というようです。

今までタダで書いてた文章が(ブログなど)が1円でも金になるわけなんで。

そういう低単価の案件がまかり通ってくると、全体の単価がさがり元々仕事をしていたプロ(文章で生活ができる人達)にまで影響していくんですよね。

「誰にでもできる仕事」を欲しがっている素人クライアントが増えているといったこともあるようです。

きっと「ネット」の普及で大量の情報が必要になってるんだと思います。

しかもコピーは厳禁なので余計に。

 

私がやっているのも特別な知識のいらない「誰にでもできる作業」でしかないないです。

いや、少しは文章を書くことが苦に感じないくらいのレベルはないと‥

これも低レベルだな。

それでもがっついて時間に追われて作業していた時期は卒業して、拾ってくれたクライアントの作業を納期までにやればいいというゆるい環境になってきました。

まあ、次に継続してくれるかどうかわかりませんが。

 

このゆるい時間を生かして、他のクライアントを探して同時進行するくらいの勢いがないとダメなんですけどね。

ぶっちゃけ自信がないんです。

「これやってる間に具合が悪くなったらどうしよう」これです。

今はまだネタも浮かぶし、スケジュールも立てられます。

具合が悪くなると確実に出来ないのはわかりきってることなんですよ。

 

時間に追われて作業してたような案件は、途中でやめることも可能だったけど今は基本無理です。

クライアントに迷惑をかけてしまうし自分の価値を下げてしまう(=次の仕事に影響する)

考えすぎ、と割り切ることが出来たらいいんですけどねえ。

 

それと他に自信がない理由は「スキルがない」まさにこれです。

「誰にでもできる作業」だから「専門の知識」は必要ないです。

ただ誰にでもできる作業の中でも「苦手な分野をなくす」これが私にとってのスキルアップなんです。

少し調べたり想像がつく分野は1000文字は難しくないです。

でも、調べる気力もなくなるような分野だと1000文字も書けない。

書けたとしても薄っぺらい内容になってしまうのは確実です。

その辺をクリアしないとダメなんですよね‥

 

今の私は「芸能」「ブランド」「美容」を勉強しないといけないところです。

まず芸能人を知らないのは致命的で、ブランド物なんて買ったことないというか知らない、お高い化粧品なんて使ったことないしエステなんて行かない‥

これを1000文字以上×10本なんて絶対無理です。

1本ならまだしも‥

 

当初は「いつかあるであろうSAの武道館資金」のための内職がややこしくなってきました。

目標「1ヶ月3000円稼ぐ」という目標は軽く超えられた分リスクも増えてきました。

単に欲が出たのと、承認欲求が満たされる機会が増えたということもありますが‥

それでも今まで知らなかった世界を知ることが出来たのはいい事だと思います。

この先、どうなるかさっぱりわからないですけどね‥

 

またもやダラダラと書いてしまいました。こんなんじゃ修正かけられそうです。

しかも自分で読み返してみると目が滑る滑る。苦痛でしかなかった笑

最後まで読んだくれた方、ありがとうございました。